印鑑の材質による実印の値段の違い

実印は役所に届けを出して受理された判子のことを言います。他の判子とは異なり重要性が高く、契約書などに使用した場合は法律上、社会上の義務が発生するケースもあり押印の際には気を付ける必要があります。このように重要性が高い判子ですが、登録は1人につき1個までとされており多くの方が同じ判子を長期間使用することになります。そのため、実印として登録するハンコは丈夫で他人に複製されにくいものを選ぶ方が多いです。丈夫で他人に複製されにくいものを選ぶ必要があるとご説明しましたが、では具体的にどのようなものを選ぶと良いのでしょうか。まず、掘方は必ず手掘りにすることをおすすめします。次に材質ですが実は判子を作成する際の原料には様々な種類が存在しています。また、値段もこの時に選ぶ種類によって大きく違ってきます。

実印の材質の特徴と価格の相場について

選ぶ材質と値段の相場についてですが、一般的に一番高価な材質は象牙だと言われています。象牙はもっとも硬く耐久性に優れているだけでなく、朱肉の吸着性も非常に良いため最高級品と言われています。象牙の印鑑の相場は個人用でだいたい2万円前後と言われています。 次に耐久性が優れている材質は黒水牛です。耐久性は象牙の次に良いとされていますが、黒水牛は象牙よりもキメが粗いとされています。ただ、象牙に比べると値段が5千円~1万円とされており価格が手ごろであることから一番人気があります。 そして、象牙、黒水牛よりの次に耐久性があるのがつげです。材質が木であるため加工がしやすくコストパフォーマンスに優れています。ただし、耐久性は上記2つに比べて劣り、値段は3千円から5千円とされています。この3つが従来実印の材質としては王道と呼ばれています。

新しい素材であるチタンについて

先ほど王道の3つをご説明しましたが最近では、象が絶滅危惧種に指定されていることもあり象牙の使用が厳格に規制されてきています。その影響もあり最近象牙に代わって人気を博している素材がチタンです。チタンは金属の材質で象牙をしのぐ耐久性がありながら加工が容易である事から近年人気があります。価格は象牙よりは少し安く1万5千円程度で作成が可能です。象牙や黒水牛、つげの様に1つ1つ模様が異なるということはなく全て同じ模様ですが、色が光沢のあるグレーという事もありシックでクールな判子になるため特に男性を中心に人気が出ています。このように作成する材質によって価格が異なり、その特徴も異なる事から判子を作る際には自分にあった材質のものを選択することをおすすめします。

高品質低価格で多くのメディアさんが紹介されている。熟練した職人がご満足できる印鑑を貴方様にお届け! 年間数万本印鑑を出荷しており、熟練した職人数名、ご満足頂ける印鑑を貴方にお届け致します! 全国各地に向けの印鑑通販サイトです、関東関西なら最短翌日のお届け!お届け時間指定無料! 日本の伝統「和」にこだわったセンスある印鑑も多数ご用意。 お得な値段で実印を作成したい方へ