とんでもなく値段の高い実印のカラクリ

実印は三文判とは異なり、法的な本人確認をする際に必要です。また大きな金額が動く時に、本人の意志の証明としても使われます。そのため高品質で長く使えるものが、望ましいです。しかし材質に偽物を使って、価格を高くしているケースもあるので注意が必要です。例えば本物の象牙は、透明感のある乳白色ですが、不正ルートで入手される象牙は、低いランクの象牙を漂白して見た目を良くしていることがあります。このような偽物は、ひび割れを起こすこともあるので、信頼できるお店で買わなければなりません。また高級手彫りや開運印鑑、吉相印鑑という広告を出していても、実際は機械彫りで高額の作成料を取るケースもあります。従って評判や口コミを調べてから、購入することが推奨されます。 

手彫りや手仕上げの場合は高価になる

実印の価格帯は様々で、格安なら1,000円程度からありますが、品質は良くありません。逆に1本で5万円から10万円の高額なタイプも販売されています。しかし、その価格に合う材質なのか十分検討しなければなりません。また素材ではなく、作成方法によっても価格は変わってきます。手彫りや手仕上げは、機械彫りより高価です。機械彫りで彫刻する場合でも、最終段階で手仕上げを行うのが一般的ですが、100%手仕上げの印鑑は、費用だけでなく作成時間もかかります。その他、作成時間を短縮させる場合にも、価格は高くなってきます。さらに希少価値の高い材質を使って耐久性に優れた印鑑を作る場合は、素材や彫刻の種類によって、値段も変化します。最近は水牛やチタン、水晶なども人気が高い材質です。

ショップごとに価格に差が出る理由

ディスカウントストアではなく、印鑑専門の実店舗であっても、お店ごとに値段が異なってきます。例えば大手の通販サイトであれば、印材を大量に仕入れることで経費を抑えています。さらに自社で印材の仕入れを行い、彫刻や発送などを他社に委託しない場合にも、価格は安くなります。そして実店舗の場合は維持費や人件費が必要になりますが、ネットだけで営業している場合は、宣伝広告費を削減できるので、その分、印鑑代に還元することができます。このように実印は、お店の経営方法によって値段が変わってきます。その他、販売店のキャンペーンなどを利用して安く入手できる場合もあります。大手の印鑑ネット通販であれば、品揃えも豊富で、品質の優れたものを格安で買うことも可能です。ただしネット通販にも多くのサイトがあるので、比較してみると良いです。