実印の値段を抑えるために知っておきたい基礎知識

実印は、住民登録をしている市町村に登録した印鑑で、例えば不動産の購入時などに必要となります。大学の卒業とともに作成することが多く、見た目の良い高品質のものが好まれます。価格の方は、印鑑作成を専門にしている店舗で注文した場合、男性用なら約11,000円から作ることができ、高くなると7万円することもあります。女性用は男性より若干安く、1万円から5万円前後が相場です。ただし印鑑のアタリに宝石を使うと、値段も上がります。オリジナルの手彫りでは、さらに高価になるのが一般的です。しかし印鑑作成専門の通販サイトを利用するなら、実店舗で購入するより安く入手できます。通販サイトでは店舗維持費や人件費が不要なので、その分、高品質の印鑑を格安で販売しています。

使われている印材による価格相場

実印の価格を決める要因の一つが印材です。中でも象牙は最高級の素材として、男女問わず人気があります。見た目だけでなく優れた押印性を持ち、丈夫で長持ちするのが特徴です。この象牙を使った印鑑の価格はおよそ15,000円ですが、通販サイトによっても値段は異なります。次にチタンは、スタイリッシュな雰囲気があるため、特に若い世代の男女に需要があります。耐久性だけでなく耐熱性もあり、価格も象牙と同様、15,000円ほどです。さらに黒水牛は安価で手に入る印材です。相場は4,000円弱なので、社会人になったばかりの人でも購入しやすいです。 このような価格相場を知っておくと、高い買い物をして失敗しなくなります。また印材の他に、仕上げ方法も価格を決める要素です。オリジナルで全て手仕上げの場合は、機械仕上げの印鑑より費用がかかります。

通販サイトでは価格の他にサービス面も考慮する

実印の印材としては、男性なら玄武、女性なら琥珀や彩樺なども人気があります。また法人では、チタンや黒水牛が使われることが多いです。また玄武はフェノールレジンとバーチ材を高圧加熱処理して作られた人工の素材で、耐久性にも優れており、めったにひび割れることがありません。値段もかなり安価なのが特徴です。さらにネット通販サイトでは、価格が安いだけでなく、便利な即日発送サービスがあります。サイトによっては、作成から配送まで最短19時間のところもあり、また実店舗と違って、全国どこからでも注文できるというメリットもあります。その他、注文前に書体や印影をオンライン上で確認することができるので、多くの利用者に喜ばれています。また大手の通販サイトでは、国家検定一級技能士が印鑑作成を行っているので安心です。